綾瀬駅前診療所

こちらは綾瀬駅前診療所です。当院は、内科系の小さな診療所です。

東京都足立区綾瀬4丁目9-24 大室ビル 3F
地下鉄千代田線綾瀬駅から徒歩3分
Tel:03-3629-5841

*心療内科外来とカウンセリングについてのお知らせを更新しました(R2/6/28)。

診察時間

曜日・時間帯によって担当科が異なります。ご確認の上お越しください。

☆受付時間:
  午前 09:30~12:15
  午後 (月・水)14:00~16:45  (火・金)15:00~17:30
★木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診です。
★消化器内科:経鼻胃カメラ・腹部エコー可

心療内科外来のご紹介

心療内科外来は、火曜・金曜の午後です。初診は予約が必要です(TEL:03-3629-5841)。

精神科・神経科ではありませんので、統合失調症、躁うつ病、重症のうつ病、心的外傷後ストレス障害、パーソナリティ障害など、自己コントロールができなくなる病気は専門ではありません。

不安障害、うつ病性障害、心身症(ストレスが深く関わった身体疾患)などに対する心療内科医による薬物・面接療法と、カウンセラーによるACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)やMCT(メタ認知療法)を主とした認知行動療法(火曜・金曜、14:00~18:00、Zoomによるオンラインカウンセリング)を行っています。

認知行動療法によるカウンセリングは、火曜・金曜午後勤務の、心療内科医(熊野宏昭)と相談した上でのご予約となります。詳しくは、窓口または電話でお問合せください。

*新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、オンラインカウンセリングを拡充しましたので、ぜひ安心してお申し込み下さい。なお、これから暑い夏に向かい、マスクをしたままの会話では熱中症になる危険性を考え、当分の間、対面カウンセリングは行わないことにいたしました。これまでお待ちいただいた皆様を含め大変恐縮ですが、よろしくご理解いただけますようにお願いいたします(R2/6/28)。



なお、以下に関連医療施設の情報も載せておきますので、ご参照下さい。

マインドフルネス療法研究センター(新座すずのきクリニック×早稲田大学):年に3~4回、8週間のマインドフルネス・グループ療法を行っています。関心のある方は、ぜひご参加下さい。

当院心療内科の対象の疾患

不安障害:パニック障害、広場恐怖(外出恐怖・乗物恐怖)、社交不安障害、特定の恐怖症、全般性不安障害、強迫性障害 など

うつ病性障害:うつ病、気分変調性障害 など

摂食障害:神経性食欲不振症、神経性過食症、肥満症 など

心身症:過敏性腸症候群、機能性ディスペプシア(神経性胃炎)、緊張型頭痛、片頭痛、甲状腺機能亢進症、糖尿病、メタボリック症候群、自律神経失調症 など

カウンセリングご案内

認知行動療法(特にACTやMCT)によるカウンセリングを提供しております。カウンセリングでは、専門のカウンセラーがあなたの抱えている問題について、あなたと共同で問題の解決にあたります。原則として、1人の患者さんにつき主担当と副担当の2名の心理士が担当になり、毎回のカウンセリング後には、心療内科医の熊野も加わった治療チームのケースカンファレンスで、進捗状況や治療方針について検討していきます。

なお、当診療所は、早稲田大学人間科学研究科と連携する公認心理師の実習施設として、専門的な訓練を受けている大学院生を受け入れています。現在、新型コロナウィルスが猛威をふるう状況下で、臨床実習の機会を確保することは大変困難になっており、当診療所としてもできる限りの協力をしたいと考えております。

担当となる2名の心理士の少なくとも1名は、公認心理師かその受験資格を持つ者ですが、大学院生が担当になることもありますので、よろしくご承知おきください。また、オンラインカウンセリングで、事前にご了承いただいた場合には、担当以外の大学院生が見習いとして同席し研鑽を積ませていただくこともございます。

<オンラインカウンセリング料金表>

★オンラインカウンセリングは、保険適用外となります。
☆心理検査を行う際に別途料金(1000 円)がかかります(初回、3ヶ月に1回程度が目安)。

<オンラインカウンセリングにあたって>
*カウンセリングは火曜・金曜の14:00~18:00に行っています。
*カウンセリングは個別に行います。完全予約制になっておりますので、事前の予約が必要です。
*ご希望の方は、火曜・金曜午後勤務の、熊野医師を受診していただき、相談した上でのご予約となります。
*予約方法や、料金のお支払い方法、キャンセルの方法などについては、熊野医師との相談の際に説明をお聞きください。
*カウンセリングの初回では、カウンセリングの進め方、同意書の内容等についてご説明いたします。
*また、カウンセリング開始後も、熊野医師の診察を受けることは可能ですので、別日に綾瀬駅前診療所に受診してください。

院長挨拶

院長の熊野宏昭です。

1986年4月より2年間だけ除いて、こちらの診療所で勤務してきましたので、今年の春で30年間になります。
1985年に東京大学医学部を卒業、救急部と内科での研修を終えて、1987年に、東京大学心療内科教室に入局し、以来ずっと心療内科臨床を続けて参りました。
その間、1995年10月~2000年3月まで、東北大学大学院医学系研究科人間行動学分野助手、2000年4月~2009年3月まで、東京大学大学院医学系研究科ストレス防御・心身医学(心療内科)助教授・准教授、2009年4月から現在まで、早稲田大学人間科学学術院教授を務めておりますが、こちらの診療所は毎週1回~3回、ずっと診療を続けて参りました(東北大学時代は、毎週、新幹線で往復していました)。
30年と言えばかなりの期間になりましたが、地域の皆様に支えられてここまで働き続けて来られたことを、大変ありがたく思っております。

当診療所の特徴は、小さいながら、心療内科を専門にする私以外にも、消化器内科、循環器内科、糖尿病・代謝内科、漢方内科の専門医がいることで、長く地域医療に貢献してきたことであると思っております。
また、当診療所の心療内科では、時代に先駆けて1996年よりずっと、新進気鋭の心理士を配置することで、薬を使わずに心理行動面や生活面の改善をはかる科学的な治療法として近年注目されている認知行動療法が実施できる体制を、20年以上に亘って提供し続けてきています。
認知行動療法は、不安障害、うつ病、不眠症などメンタルの不調に対してとても有効な方法ですが、それ以外にも摂食障害や、慢性頭痛、過敏性腸症候群、糖尿病などストレスが関わる身体疾患(心身症)にも高い効果が認められています。認知行動療法単独で、また薬物療法を補完する形でも用いられますが、長期的にはセルフコントロールする力を高め、医療に頼らないで毎日を過ごせるようになることを目指していきます。

2014年1月より、火曜日と金曜日の午後に、原則として主担当・副担当の2人体制による心理士のカウンセリングを受けられる形で心療内科外来を拡充し、現在に至っております。今後とも、皆様のお役にたてれば幸いです。

2018年4月吉日 熊野宏昭

<略歴>
1960年 石川県に生まれる。
1979年 ラサール学園卒。
1985年 東京大学医学部卒。
1995年 東京大学博士(医学)取得。

東京大学心療内科医員、東北大学大学院医学系研究科人間行動学分野助手、東京大学大学院医学系研究科ストレス防御・心身医学(東京大学心療内科)助教授・准教授を経て、2009年4月から早稲田大学人間科学学術院教授、同11月に新規設立された早稲田大学応用脳科学研究所所長に着任。 2016年9月より早稲田大学人間科学学術院副学術院長・人間総合研究センター所長を兼任。 日本認知・行動療法学会元理事長、日本マインドフルネス学会副理事長、日本不安障害学会副理事長、日本心身医学会評議員、他。

アクセス

東京メトロ千代田線
JR常磐線「綾瀬駅」西出口 徒歩3分

綾瀬駅の西出口を出ると、目の前にパチンコ屋さんがあります。
交差点を渡り、パチンコ屋さんの通りをまっすぐ進むと、一つ目の角にお蕎麦屋さんがあります。
そこを左に曲がると、焼きとん屋さんが見えます。

焼きとん屋さんを過ぎると「大室ビル」の入り口があります。
入り口を入って3階までお越し下さい。階段・エレベーターを上がってすぐの、1つめのドアが当院入り口です!